おすすめの韓国ドラマ・動画サイトを紹介!

おすすめ韓国ドラマ、視聴可能な動画サイトを紹介!「韓国ドラマ三昧」

ラブコメディ 韓国ドラマレビュー

【アイ・アム・セム ~I am Sam~】出演者・あらすじ・感想・視聴可能な動画サイトを紹介!

更新日:

韓国ドラマ「イ・アム・セム ~I am Sam~」
韓国ドラマ「アイ・アム・セム ~I am Sam~」は2007年8月6日に公開されていた全16話の作品です。

「アイ・アム・セム ~I am Sam~」出演者とスタッフ

出演者

韓国ドラマ「イ・アム・セム ~I am Sam~」 (1)
チャン・イサン:ヤン・ドングン(「勝手にしやがれ」「ドクターケン」)
ユ・ウンビョル:パク・ミニョン(「Dr.JIN」「改過遷善」)
シン・ソイ:ソン・テヨン(「最高だ、イ・スンシン」「30マイナス3」)
チェ・ムシン:チェ・スンヒョン(BIGBAN、T.O.P)

スタッフ

監督・演出:キム・ジョンギュ
脚本:イ・ジンメ

スポンサーリンク

「アイ・アム・セム ~I am Sam~」あらすじと感想

韓国ドラマ「イ・アム・セム ~I am Sam~」 (1)
ネットでとても評価が高かった「アイ・アム・セム ~I am Sam~」。

正直熱血の先生が活躍する、ドタバタの学園物はお話としてそんなに好みではなかったので、「途中でリタイアしてしまうのではないだろうか」と不安に思いながら、巷の評判に後押しされる形で視聴しました。

結論としてはかなり、面白かったです。

特に主人公のチャン・イサンのキャラクターがよく、ビジュアルからして熱血先生ではないのかもと薄々感じてはいましたが、予想以上に駄目な先生で魅力的でした。

のらくらしながら、なんだかんだでいい先生をやっているのが新しくて好きです。

先生として子供たちの闇に立ち向かう、なんて壮大なストーリーもないので、ぶれないキャラクターにシンプルに笑わせてもらいました。

そして生徒役兼第二の主役であるウンビョルは、魅力ある無邪気な小悪魔っぷりで、お話をひっかきまわす需要な役どころを完璧に担っています。

暴力団組長の一人娘というバックボーンはある意味ベタですが、ありがちでもストーリーの構成に上手く使われていて、平凡な学園ドラマの枠をぶち破る良い設定となっているのです。

一つ間違うと厄介なトラブルメイカーとして嫌われ者にもなりかねない難しいポジションではあるものの、パク・ミニョンの少女らしいかわいさが効いていました。多少のことなら許してしまえるキュートです。

BIG BANGのT.O.Pや、PARANのRYANなど、今をときめく大スターの若かりし姿を生徒たちの中に探せるのも、ファンにはたまらないポイントでしょう。

放送された当時はアイドルの起用に演技力の乏しさを危ぶむ声もあったそうですが、放送直後にそれを吹き飛ばした、体当たりの演技も必見です!

ラストにはそんな生徒たちのその後の姿も描写されていて、学園ものの良さも存分に堪能させてもらいました。

やんちゃをしていた学生たちが、立派な大人になって社会に出ていく姿を見るのは、コミカルなドラマでも胸に迫りますね。恋愛や事件の解決に加えて、若者の成長をしみじみハッピーエンドだと思える瞬間に、年をとったなと感じます。それでも大満足の結末でした。

「アイ・アム・セム ~I am Sam~」が視聴可能な動画サイト

DTV(定額見放題)

月額料金 540円(税込み)
無料期間 初回31日間
韓国ドラマの作品数 約700タイトル
対応端末 PC・スマホ・タブレット

※タイトルの配信が終了している場合もありますので、タイトルが配信されているかどうかを確認してから利用していただければと思います。

DVD BOX情報

-ラブコメディ, 韓国ドラマレビュー
-,

Copyright© おすすめ韓国ドラマ、視聴可能な動画サイトを紹介!「韓国ドラマ三昧」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.